FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避雷針設置に伴う調査

避雷針といえば、建物を落雷から守るためのものと思われがちかも──。

でも樹木にも雷が落ちる可能性は十分にあり、むしろ建造物よりも木の方が雷が落ちやすいといっていいかもしれない。

時として、落雷は木にとって致命的なダメージを与えることになりかねないし、二次的に災害となって人に被害を与える可能性も…。

その木は神社の御神木で、木を守るために30年も昔に避雷針を取り付けたということだった。でも、時を経て風雪等を受け劣化が進み、このたび尖端の突針部分が折れて落下してしまったとのこと、

CIMG6020鉾納宮

新に避雷針を取り付けるべく樹上調査を行った。

CIMG6009.jpg  CIMG6013.jpg


登ってみると尖端はこんなことに、
CIMG6008.jpg

成長とともに締め付けられたことが原因であることは間違い。バンドより先の梢部分は枯れ込んでいた。

樹木を守るための避雷針が、仇となっている現実──。なんとも残念な気がした。

何か他にいい手立て、施工方法は無いものだろうか…、
スポンサーサイト

採穂作業その後

木を挿し木で増やす場合、季節としては桜の頃が最も適しているという。

杉というのは挿し木のしやすい木という話。でも、若干時期が過ぎていたのが心配だった。

5月に宮崎県高千穂神社で行った採穂作業。どうやら挿し木のその後の経過は順調ということ。

CIMG5925高千穂

立派な苗木となって、また新にこの場所へ戻ってきた時、是非逢いに行きたいと思う。

CIMG5952.jpg

支障木伐採作業━愛知県内にて━

先週に引き続き造園屋さんのお手伝い
小牧城のある小牧山にてカシナガの被害木等の伐採作業

CIMG5642縮小

先週の雪はすでになかったものの風が冷たかった。

この辺りでは6年ほど前にカシナガの被害がピークだったが、今でも毎年少しずつ枯れているようで、完全に終息を迎えることはなさそうな気もする…

四日市での伐採

Tさんに呼んでいただいた四日市の伐採現場。
昨年の夏にカシナガで枯れたと思われるナラの木だった。
珍しく写真があるので…

作業前
CIMG5638縮小

作業途中
CIMG5639縮小

作業後
CIMG5640縮小

Tさんお疲れ様でした。ありがとうございました。
またYさんNさんにもよろしくお伝えください。

盆栽も鉢から出れば大木に…

木や花、植物が好きだという奥さんだった。
「むかし植えた木なんだけど、こんなに大きくなってしまって」
今となっては自分たちで管理できないから低くしてほしい━仕事はそんな依頼でした。
何の木だろうか?というのも樹皮が見慣れない感じだった。
「楓、紅葉が綺麗よ」
ただ、よくあるモミジの類の樹皮じゃなかったのだ。
あとでs氏が教えてくれた。
「中国原産のトウカエデでした」

お客さんが植えたのが30年前で、寄せ植えの盆栽の木を植えたのがここまで大きく成長したのだという。
そのためお客さんにも思い入れがあって、根本から伐採というのはしたくないということ。
ちょうど2メートルあたりのところに何本か枝が出ていたため、そこまで思い切って伐り下げることに。

伐った枝や幹は薪ストーブで使うということだった。
白い木肌、日本の楓と同じく光沢感がありそうで、自分も何か挽いてみようと一部譲り受けることにした。

DSC_0683トウカエデ縮小
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。